民間の発想で
新しい保育サービスを

キッズコムファーム HOME >  ちびっこ開拓隊

ちびっこ開拓隊

2019/03/28

<第32陣>③ 完成なるか!?ミッションはいかに??

もしかしたら・・・『こんなちっさい子達に、こんな事、できないのでは?』って、思われるかもしれません。

しかし開拓隊のチャレンジャー達を見てたら、“ちっさいから”なんて理由にならない、って思わされます。

子ども達の想いがひとつになった時、とんでもないエネルギーが働くんです。開拓の後半戦、チャレンジャー達は村長や隊長達から指示をされなくても、自分たちで考えて行動していました。『みんなで声出さないと、動かせないよ!!』と 兄ちゃんお姉ちゃんに指示を出し動かす5歳チャレンジャーも現れました!

丸太で柵をつくる

そしていよいよ最終日、外は吹雪で一日中氷点下のファームでの開拓が始まります。

天気は悪くなってきて、作業は思うように進まない・・・しかし、チャレンジャー達は泣きながらでも、手は止めません!

村長『みんなそろそろ疲れてきたか?』

チャレンジャー達「つかれた~!」「え~~まだ全然!」

村長『そうだな~午後開拓頑張れるか?』

チャレンジャー達「がんばれる!」

村長『よし、じゃあ、20分!遊んでいいぞ!倉庫にある遊び道具もなんでも使え!』

チャレンジャー達「やった~~~!!!」

ちびっこ開拓隊は、しんどいだけじゃない、楽しい事だって沢山あります。キッズコムファームのでっかすぎる大雪原で、全員ソリやスノーチューブで大暴走!

大暴走

存分に遊んだところで気を入れ直して開拓開始です!

 

畑の柵づくりを進めるチャレンジャー達。縦に立っている丸太は、約2.5メートル。

「もう限界。」何度も声にしてしまうが、それでも手を止めようとはしません。そして、ついに・・・

完成!!!!!感極まって全員でハイタッチ!!

畑の柵完成

一方で石の家づくりは・・・誰もしゃべらない。黙々と作業に打ちこむ。休憩もほとんど取らずに作業をする。

しかし、どんどんあたりが暗くなり、一気に気温も下がり、夜に近づくにつれ、小さいチャレンジャー達の集中力が切れる。

そんな時、『ねえ!手を動かして!間に合わないよ!』『大丈夫?泣いていても何も進まないよ!がんばろう!』

と小さい子たちを気遣い、声をかけながら作業をする大きいチャレンジャー達。そんなお兄さんお姉さんチャレンジャー達に励まされ、泣きながらでも手を動かす、小さいチャレンジャー。雪で手袋も湿り、風も冷たく、手先足先もキンキンに冷える。

あと少し・・・あともう少し・・・みんな頑張って!

励まし合いながら・・・ついに・・・できた!!!!「石の家の土台作りミッション完成!!!

が~んばったぞ!!えいえいお~~!!

今年の夏にやってくるチャレンジャー達に、見事に想いを繋ぐことができました!

 

おまけ!

見事に春の開拓隊ミッションを完遂したチャレンジャー達。

最後にキッズコムファームの大雪原をスノーラフティングで大暴走。

ファームでしか体験することのできない本物の遊びを満喫しました!

スノーラフティング

お申込み・お問い合わせ

株式会社キッズ・コム

 050-5838-7406

受付/月~土 10:00~18:00

ページトップへ

 Menu