開拓の歴史

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第4陣>雨の日は薪割りで、次の人のために頑張る!

第4陣・5陣は雨にたたられる事も多く、なかなか開拓が思うように進まずに焦る場面も。
雨の日の作業は、主に屋内の作業場で薪割りです。ファームで暖を取る手段は薪ストーブ。キッズコムファームがある南富良野町は北海道の中でも寒さの厳しい地域。夏でも昼と夜の気温差が15度位ある日もあり、明け方には薪ストーブに火を入れた日も。夏でもこんな感じですから、これからやってくるとっても寒くてとっても長い冬には相当量の薪が必要です。また、ごはんを炊くかまどでも薪をたくさん使います。
自分達が使った分だけでなく、この先ファームに来る人達のために、出来るだけたくさんの薪を切っておかなくては!薪を作る際、まずは木を鋸(ノコギリ)で37cmに切って薪材にします。この長さをきちんと守らないと薪ストーブには入りません。
次に斧(オノ)で4等分に切り落として薪にしていきます。小さい子は鋸が精一杯ですが、最年長チャレンジャーは安全な工具の使い方をしっかり教わって、斧にも挑戦!「いいなぁ~、斧…」ちびっこチャレンジャーからは憧れの斧です!(^^)!

開拓の合間には、ブルーシートに水を撒いてスライディングするシートスライダーで遊んだり、スイカや富良野メロンを食べたり、森での散策、虫取り、リバーラフティング、畑仕事まで、自然の中でのびのび過ごす子ども達。徐々にチームワークも良くなって、文句もいわずに黙々と仕事に取り組めるように。
最終日まで雨が多くて、露天風呂づくりは思うように進まなかったけど、その分、薪割りを頑張ってくれた第4陣。とてつもなく寒さの厳しいファームでは、まだまだ薪は必要だけど、みんなのお陰でとても助かったよ。辛くても、厳しくても最後まであきらめず、粘り強さを発揮した第4陣のチャレンジャー達でした。

開拓隊の様子

  • のこぎりにもコツが必要
  • のこぎりにもコツが必要
  • 次に来る人達のために・・・

お申込み・お問い合わせ

株式会社キッズ・コム

 050-5838-7406

受付/月~土 10:00~18:00

ページトップへ

 Menu