開拓の歴史

これまでのキッズコムファーム開拓の歴史や開拓隊の活動のようすをご紹介しています。
動画や写真でも掲載していますので開拓隊員のがんばりや活躍をぜひご覧ください。

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第5陣>ファームならではの色々なお楽しみ

作業でドロドロになった長靴や工具についた泥を元通りに綺麗に落とす。これも物を大切に扱うことや、次に使う人が困らないように準備することの大事さを学んでもらっています。
リーダーに合格点をもらったら、さあ水遊びでもするか!頑張ったあとのお楽しみに全員、びしょぬれで大はしゃぎ。汗と水とドロにまみれた洋服で、大きな洗濯機は毎日フル回転。パンパン叩いて干して、乾いたら取り入れて畳んでしまって…。「毎日お母さんって大変だな…」そんな事を感じながらも楽しんでやっている様子。
ファームでのお楽しみの一つに、色々な動物や虫との出会いがあります。比較的北海道ではよく出会える鹿やキタキツネの他にも、タヌキ、うさぎ、エゾリス、シマリス、アカゲラ(キツツキ)、エゾモモンガ、オジロワシ、フクロウなどたくさんの動物がいます。クワガタやカブトムシだってその辺りを飛び回っています。
都会では有り得ないその環境に、はじめは捕まえては虫かごにたくさん入れていましたが、帰る前にはファームの大自然に返してあげる光景も。

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第5陣>釜を完成させること、風呂の土台を作ること。

第5陣の目標は「釜を完成させること。そして、風呂の土台を作ること」。
石の露天風呂は「火をわかす釜+釜と石の風呂を仕切る鉄板+石の風呂」という構造です。まずスタートの第3陣では土地をならし、釜の土台作り。次に第4陣は、釜の土台を完成させ、煙突をつけた。
この状況からすると、この先はかなり急ピッチで進めないと、最後の第6陣で完成できません。沢から水をくみ、セメントに混ぜ込む砂利を洗うチームと、セメント作りチームに分かれて作業開始!バケツいっぱいに水をくむと重くて運ぶのに余計に時間がかかることに気づくと、水の量を半分にしてスピードアップ!開拓隊経験済みのおなじみチャレンジャーがいるせいか、作業中の勘の鋭さや、発想の転換がすばらしい。
うまくいかないことに対しても、自分で考えてやり方を変える。自ら次を予測して動く。まさにこれはファームで身につけて欲しい力なのです。

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第5陣>第1陣と第2陣を経験した、おなじみチャレンジャーがチームに気合を入れる!

第5陣がお盆明けにやってきました。実は9人中6人が第1陣、2陣に参加したチャレンジャー達。この6人はすでにキッズコムファームでは、楽しいことばかりを経験するんじゃないことを知っています。
辛いことも、悔しいこともいっぱいある、それでも6人はまたこの開拓を楽しみに、再チャレンジ!挑戦する楽しさや仲間に再会できる嬉しさ、自分が成長できる喜びを知っているのです。さぁ、入村式でこのチーム初めての共同作業、みんなの安全と成長を願って村旗を掲揚!開拓のスタートです。

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第4陣>雨の日は薪割りで、次の人のために頑張る!

第4陣・5陣は雨にたたられる事も多く、なかなか開拓が思うように進まずに焦る場面も。
雨の日の作業は、主に屋内の作業場で薪割りです。ファームで暖を取る手段は薪ストーブ。キッズコムファームがある南富良野町は北海道の中でも寒さの厳しい地域。夏でも昼と夜の気温差が15度位ある日もあり、明け方には薪ストーブに火を入れた日も。夏でもこんな感じですから、これからやってくるとっても寒くてとっても長い冬には相当量の薪が必要です。また、ごはんを炊くかまどでも薪をたくさん使います。
自分達が使った分だけでなく、この先ファームに来る人達のために、出来るだけたくさんの薪を切っておかなくては!薪を作る際、まずは木を鋸(ノコギリ)で37cmに切って薪材にします。この長さをきちんと守らないと薪ストーブには入りません。
次に斧(オノ)で4等分に切り落として薪にしていきます。小さい子は鋸が精一杯ですが、最年長チャレンジャーは安全な工具の使い方をしっかり教わって、斧にも挑戦!「いいなぁ~、斧…」ちびっこチャレンジャーからは憧れの斧です!(^^)!

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第4陣>水をくみ、石を洗う、「量より質」が目標!

第4陣のメンバーは5歳~12歳までのやんちゃ盛りな9人。男女内訳は男8、女1。
第3陣から引き継いだ露天風呂の作り方をリーダーから聞いて、まずは沢からの水くみ。バケツの水の重さに早速弱音をはくチャレンジャーも…。暑くてしんどくて気持ちに余裕がなくなったせいか、仲間同士ぶつかることも…。
でも、ケンカの後もちゃんと仲間を意識していた子ども達。石を運ぶメンバーが持ちやすいように、体が小さくても運べるような石を選んだり、泥や土をキレイに落としたり、相手を思いやる気持ちも忘れない。
石洗い組とセメント組を交互にメンバーチェンジ。セメント組は砂の状態からゴミを取り除いて水を足して作ります。石組は石とブラシを川へ移動させ、冷たい水の中で石を磨きます。場所を変えることで、子ども達の集中力は更に高まります。目標は、数をたくさん運ぶことよりも「きれいな形の石を運ぶこと」「その石をきれいに洗うこと」。石の積み上げ作業が終盤を迎えてきた第4陣では、次の第5陣がスムーズに作業を進められるためにも、ひとつひとつ石の形が整っている必要があるからです。

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第4陣>第3陣と第4陣のメンバーが、空港で奇跡の顔合わせ!

退村式ではキッズコムファーム村民の証“村民票”を村長から受け取り、村旗を降納し、この1週間の思い出を振り返り、みんなちょっとしんみりした面持ち。リーダーに寄り添って涙してしまう子も・・。「またここで会おう!村長もリーダーも楽しみに待っとるぞ!」そして、最後の最後、新千歳空港で仲間同士の絆を確認しあう第3陣のチャレンジャー達。
と、そこへ到着してきたのがなんと第4陣のチャレンジャー達。各地に帰っていく子ども達を送り出して、次の陣を迎えて…と空港でのタイトなスケジュールの合間に、奇跡の顔合わせができたのです。
第3陣のみんなからは「こんなことをやったんだ!」「みんなで協力すればできるから!」とこれから入村するみんなに一生懸命説明。その姿はまさに、キッズコムファーム開村当初からの願いである、子ども達の手から、次の子ども達の手へ、開拓や想いを引き継ぐということが叶った瞬間です。

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第3陣>第3陣の開拓最終日、200個の石洗いに挑戦!

開拓最終日となると、自然に開拓にも力が入るチャレンジャー達。石を積み上げる為のセメントづくりでは女の子チャレンジャー達が「二段までつくる!」と目標を立てました。石集め・石洗いは男の子チャレンジャー達がなんと「200個集めて洗う!」という目標を。
なんとあっというまに目標を超え、全部で510個に!さらに女の子達のセメントづくりを手伝いました。そして、ついに第3陣の目標達成!夏の開拓をスタートさせた第3陣の想いは、次の第4陣へとつなぐことができました。1人では出来ないことも、仲間がいれば励ましあって、大きなことができる。自分のためじゃなく、人のために動いた時にこそ、頑張る力が沸いてきます。
開拓が終わると、「また来年、みんなで見に来よう!」と誓い合うチャレンジャー達でした。

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第3陣>地ならしも最終段階、露天風呂の基礎が完成!

根っこが残ってないかを確認して、レーキで水平に水平にならしていきます。簡単な作業に見えて、実は一番大切な作業。ここは緩やかな傾斜がついている場所なので、まずは平らにしないといけないのです。
なんとか水平になった所で、いよいよ基礎に砂利を入れていきます。一輪車(ネコともいいます=^・^=)に砂利を乗せて運びますが、これがバランスを取るのが難しい!小さい子達は2人がかりです。どんどん砂利を敷いて土台づくりをしっかりと!大人でも力と根気のいる作業です。初日には「もうできない…」と言って泣いてしまったちびっこチャレンジャーも、今は黙々と作業を続けています。難しいこと、しんどいこと、つらいことも諦めないで頑張り続ける大事さが少しずつ分かってきたよう。
とはいえ、ファームでは楽しい事だって盛りだくさん!開拓の合間に、広い広い敷地でスーパー鬼ごっこをしたり、夜には他に明かりのない真っ暗な中で満天の星空を見たり、森の中を散策したり、狸や鹿などたくさんの動物達にも出会いました。そして、キッズコムファームを飛び出して空知川での“リバーラフティング”にも挑戦!迫力満点の川下りにみんな大満足です!

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第3陣>木の家作りにもチャレンジ!

大きい男の子チャレンジャー達は、石の露天風呂作りに並行して木の家づくりにも挑戦。ほぼ完成しかけていたキッズコムファーム2棟目の木の家だったけど、まだ窓がない・・。そこで窓を作って完成させるぞ!さすが男の子。初めての釘打ちもリーダー達が驚くほどのセンスの良さや、粘り強さを発揮。大工仕事はかなり楽しい様子です(^_^)
そして、木の家が見事完成!今回は、一から建てた訳ではないけれど、それでも完成に立ち会えたのは嬉しいものです。テンション上がって、屋根の上に上っちゃいました!でも、屋根に上っただけでは満足できない!ここで寝てみたい!そこで、出来たての木のお家で一泊。
この木の家、周りは原っぱだけど、夜になるとすぐ近くまで狸が出てきたり、明け方には鹿の群れが遊びに来ることも。ちょっとしたサファリーパーク?!

 詳しく見る

2014/08/30

<ちびっこ開拓隊 第3陣>この夏の開拓課題は「石の露天風呂づくり」

さぁ、いよいよ本格的に開拓開始です!トラックの荷台に乗って「ちびっこ開拓広場」へ。ここは私有地だから普段はできない事ができちゃうのです。
まずはみんなが気になっていた、この夏の開拓課題を発表。なんと、「石の露天風呂づくり」です!前にやって来た2陣も、課題はたくさんあったけど、今までで一番大きな課題として第3陣から第6陣まで、ずーっとこの課題を引き継いでいきます。しかし、今、目の前には草むらが広がっているだけ。「ここに露天風呂?!」そうです。まずは露天風呂を作る場所を整地しなければなりません。笹を鎌(かま)で刈り、草の根を鍬(くわ)で掘り起こす。ファームでは必要以上に大人は手伝いません。あくまでも子ども達を見守る立ち場。子ども達で考えてみんなで協力しあって、難しいことにも立ち向かっていきます。そろそろ農耕具の使い方もさまになってきたかな?

 詳しく見る

お申込み・お問い合わせ

株式会社キッズ・コム

 050-5838-7406

受付/月~土 10:00~18:00

ページトップへ

 Menu