開拓の歴史

2016/08/07

<ちびっこ開拓隊 第16陣>本気のあまり・・・②

3日目にして、ついに待望の晴天。気持ちのいい夏空の下、ついに『炊事小屋の柱立て』がスタート!第15陣のみんなが残してくれた大きな穴に、柱を立てていきます。

柱となるのは、10m級の大きな丸太。これは、1年前のチャレンジャー達が木の皮を剥いでくれた丸太を1年間乾燥させておいたもの。この丸太を6本運ぶのは、とてつもなく大変な作業です。ロープをつけて全員で引っ張っても、1本100㎏はある丸太は動いてくれません。では、どうすればいいか?ここでもチャレンジャー同士で意見を出し合います。全員で協力して工夫することで、少しずつ丸太は動いていきました。

そして、今度は運んだ丸太を立てる作業。息を合わせて丸太を真っ直ぐに立て、砂利と土で周りを固めたら、立派な柱の完成です!

少し疲れも出てきた頃、トラブル発生。みんな本気で考えるあまり、チャレンジャー同士で喧嘩が始まってしまいました。純粋な熱い気持ちから起こった喧嘩。気持ちのぶつけ合いが始まったものの、先輩チャレンジャーが間に入って落ち着いて話し合い、なんとか自分たちで解決できました。その2人、その後は誰よりも息があったコンビネーションを見せてくれました。

花火から始まった第16陣も、そうしてあっという間に解散の時を迎えたのでした。

お申込み・お問い合わせ

株式会社キッズ・コム

 050-5838-7406

受付/月~土 10:00~18:00

ページトップへ

 Menu