開拓の歴史

2016/07/31

<ちびっこ開拓隊 第15陣>雨ニモマケズ②

2日目の朝、チャレンジャー達が目にしたのはたくさんの大きな水溜まり。1日目に掘った穴に雨が溜まり、昨日の努力が水の泡になってしまいました。その様子を見てショックで涙する子、呆然とたたずむ子。努力しても報われないことだってある、世の中には思い通りにいかないこともある。それを自然が教えてくれたようでした。

あまりの大雨に、作業は一旦中断。しかし、仕事は穴掘り以外にもたくさんあります。炊事小屋に必要な丸太を切る作業に取りかかりました。重い丸太を2~3人で協力して運び、チームワークよくのこぎりで切っていきます。天候によって予定が変わることなんて、ファームでは当たり前なのです。

その後もめげずに頑張り続けるチャレンジャー達に、やっと太陽が微笑みました。再び土台作りをスタートさせるチャレンジャー達。溜まった雨水をかき出して、穴を掘り進めます。自分たちで工夫しながら作業する姿に、子どもの吸収力・学ぶ力を思い知らされました。そして、ドロドロになりながら、ついに土台の穴が完成!

悪天候の中、ミッション達成という目標に向け頑張りぬいた17名のチャレンジャー達。炊事小屋の基礎を作り上げてくれました。そのような環境だからこそ、五感が研ぎ澄まされ、自分たちの力で頑張りぬくという貴重な体験ができたのではないでしょうか。

第15陣のチャレンジャー達のおかげで、第16陣へとミッションは受け継がれていくのでした。

お申込み・お問い合わせ

株式会社キッズ・コム

 050-5838-7406

受付/月~土 10:00~18:00

ページトップへ

 Menu